fc2ブログ

貴重な江戸時代の冶貞作琴を使用します 11月29日「悲願会」14時半~15時10 「舞、琴、柳川三味線、尺八」 法然院にて

11月29日「悲願会」14時半~15時10 「舞、琴、柳川三味線、尺八」 法然院にて

舞の入る「黒髪」で江戸時代の貴重な冶貞琴を使用する事に致しました。
肋骨骨折も完治し、やっとお琴が弾けるようになり、また寄贈者の法然院檀家様のご身内の渡邉孝男様が「三田史談」一月号に冶貞琴について記事を掲載されますので、折角のご縁を大切にこの機会に演奏することにしました。

城主か大名でないと保てなかったという冶貞琴、現存数は少なく、他には彦根城に展示されているとH教授よりお聞きしました。
琴糸は2年前にかけた21番の絹糸のまま演奏いたします。

今日は琴柱をあれやこれや出して試し弾きを行ない、結局、木の琴柱を辞め、象牙の琴柱の現在のより少し低く細いのにしました。
なんともいえない味のある音色は心ひかれますす。

全長161センチ
冶貞全姿

細かい寄せ木細工が施されています
冶貞 龍頭

龍尾に繊細な線で描かれています
天女笙 のコピー

天女笛 のコピー
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

えん花守

Author:えん花守
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR