2013年2月11日 11:00~16:00 「糸愉」 高槻市生涯学習センターにて


今回より始まる各流派のコンサートで23曲あります。
「えん」として「竹生島」を、京都にのみ現存する三味線の原点の柳川三味線と、明治初めごろと考えられる名人「冶貞」作の飾り箏で演奏します。
柳川三味線は東京芸大ができた時に生田流の代表として京都より呼ばれた山口巌検校が使用されていたものを、飾り箏は三田藩主のご息女であり、菊原初子師とラジオ放送までされたお箏の名人・上野梅子氏が使われていたものを使用いたします。
この飾り箏は今のお箏の音色ではなく、乾燥していますが、雅楽のお箏のような音色で味わい深く、今回は21番のウコン染めのような糸を使い、箏柱はほかに手元に入った松葉の蒔絵の箏柱を、箏爪は昔の分厚いもので演奏します。
これで舞台ではどのような音色になるのかわかりませんが、同じく100年以上の歴史のあるゆかりのあるものです。
家で合奏していると、倍音のほうで喜んでいる音楽が聞こえてきます。
さて、舞台でも喜んでくださるでしょうか。
梅子箏2013
スポンサーサイト
プロフィール

えん花守

Author:えん花守
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR