多くの方々の熱いご協力で開催できる学フェス

今年は大震災の影響で17回目にして始めて参加者が2割減りました。

参加費は昨年の4割減。予算から100万円不足していました。
普通では開催は無理。けど、絶対、何とかしたい!

今までもボランティアで裏が成り立つ学フェスは、普通では考えられない
経費で行なってきました。(日本芸術文化振興基金の方のお話)

プロの方々にはご理解を得て、予定していた日程を削りご迷惑をおかけし、
私の古い付き合いの姉弟子は、私の話を聞いたら一晩眠れなかったと、
チケットを50枚買ってくださり、
ある「えん」ファンの最近亡くなられた方のご主人様が話を聞かれ、
10万円協賛金を下さり、
次々と姉妹弟子や友人たちから協賛金が送られてきたり、
リハーサルの食事は全て「えん」の方のお店からの差し入れ、
イベント冊子は「えん」の方の会社で原価で、・・・

いつもの聖護院八つ橋さまの資金から法然院さまを通じて
京学生三曲連盟に反響版付立奏台6台に以前寄贈した十七絃の糸替えを
してくださったり、沢山の中古箏や三弦の修理費に30万円も下さいました。

まだまだかなりの赤字覚悟の開催ですが、皆様の熱いこころが、
暖かい心で、開催できる喜びで幸せ一杯です。

「集りましょう  楽しみましょう」の学フェスは
参加者が楽しんで帰ってくださることが、
協賛くださった方々のおここころに一番報いることになると思います。

少ないといっても200人を超える方が参加してくださる学フェス、
参加者の皆様もこのような邦楽を愛する若者を支援してくださる方々に
感謝しつつ、学フェスを思いっきり楽しみましょう。

かのこゆり
スポンサーサイト
プロフィール

えん花守

Author:えん花守
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR