FC2ブログ

23回学フェス若者コン

DSC00495縮小

DSC00467縮小

DSC00555縮小

DSC00558縮小
スポンサーサイト

第23回学フェスのながーいご報告

学フェスを終えて5日目。12日の会場だけで8900歩、歩き走った疲れは未だ取れない中、色んな思いが次々と湧き出てきます。
11日の前夜祭はOBOGが多くレベルも高く、21人で12曲。バカスカバカスカ、すごいリズムの曲が続く。12日は184人で30曲。こちらもリズム感満載の皆とても上手な演奏が続く。古典曲までリズム感たっぷり。優しい初歩の曲「花かげ変奏曲」が入った時には皆ほっとする。
皆うまくて技術的にはかなりレベルアップ、琴の音色の良さではなくテクックを競っているように感じる。卒業後も続けてほしいと願っての学フェスですが、OBOGがかなり増えているのは嬉しい。
琴の音色を、和楽器の音色を聞かす「琴」から、楽器として「箏」に移っているように感じます。私には違うものに聞こえてくるが、時の流れでしょう。この時の流れを年配の邦楽界の人達はしっかりと把握しなければ邦楽界の若者は付いてこないでしょう。
全体として問題児は無く、しっかりとマニュアルを読んで参加してきているのが大半。
交流会は30人のみでしたが、四次会まで続いたようで交流が盛んに行われ、来年度もまた来ますとあちこちから聞こえる。

ロビーでは例年ボランティアで来て下さる恒例の尺八・三味線無料クリニックもにぎわい、初めて、「丸三はしもと」の箏糸制作写真展や絹糸のお箏試し弾きがにぎわい、虚無僧研究会からは会長の楽しいお坊様が人気で、多くの学生が寄贈される本の注文も有り、ロビーも成功と思います。

学フェスは目に見える支援から、蔭の支援まで多くの方々の支援によって成り立っている。
現在、一番大きな支援で有り、学フェスの蔭の成果の各大学クラブへの楽器の寄贈は法然院様・聖護院八ッ橋総本店様を始め多くの方々の全く見返りを求めないお志によって成り立っている。感謝してもしきれません。

皆様からこんな大きなイベント毎年は大変ですねと言って下さるが、初めの頃のメールもインターネットも無い時代に全て手で作業し、全く自分のお琴を弾く時間も無いのが5年間続き、月に3万円電話代がかかっていた頃からすれば、何と楽になった事でしょう。
今ではツイッターが盛んだそうで、そこでは盛んに学フェスのことがやり取りされているようだ。神主様(梶田貫主〔かんす〕様)が言われた学フェスに「ただいま」と帰ってきてくださいの言葉に感動したとか、ちゃんと聞いている。

学フェスを始めたのは京都学生三曲連盟の部員が減り続けていると聞き、一回目は参加費無料で開催した。贅沢に大きな酒倉を移築した愛染倉を使いたいと申し入れ、その時の支配人・野田啓様は、伊藤が全額賄っての企画だからと会長と掛け合って下さり、支払えるだけで良いとご返事を頂きお言葉に甘えた。それ以後も野田様・愛染倉には大変お世話になった。
京都ではこんなことをする者は異端者でみられる中、恩師・北川芳能師(雅楽能)の姉弟子たちはずっと支援し続けて下さり、今も90歳になる方々なのに何かと支援くださる。

初めて全国版にしたのは長浜市からのお誘いでした。初めて全国の学生に働きかける言葉を何にしようと弟・吉本正洋に相談したら言葉は要らないと、そこで、「えん」を始めた時に弟が考えてくれた
「限りなく自然な音・・・箏・三味線・尺八 
奏でる音色は心への語り
言葉が言葉で無かった時代 音は全ての語りだった」と
「集まりましょう 楽しみましょう」だけでしたが167人が集まって下さった。学フェスのテーマソングの歌詞は古典曲の曲名を繋ぎ合わせて、弟が作詞してくれたもの。
長浜市は市としての行事としたかったようだが全く世間知らずの私は単なる学生のイベントが出来るとしか考えていなかったために大変な摩擦が起き、結局、押し通した形となったが、その経験のお蔭で、その後、他の市や大企業から支援したいと言う申し入れを全て断った。長浜市での大変な苦労のお蔭で、今まで続けて来れたと思い、感謝している。

沢山の楽器を家から運びだしているのを見て、「今日は何かあるの」と聞いていた主人。ほっとする。高校生からずっと手伝っている娘・志野。昨年から始めて黒字になっているのは志野の手作り冊子のお蔭。
今は亡き、野田様、弟、主人に感謝。

来年は8/10 8/11午前まで が第3回合宿、講師は藤原道山師、8/11午後 8/12 が第24回全国学生邦楽フェスティバル。来年も「集まりましょう 楽しみましょう」


IMG_20180811_154603.jpg

IMG_20180812_133333.jpg

IMG_20180812_133314.jpg

IMG_20180812_133302.jpg

IMG_20180812_133254.jpg

IMG_20180812_195203.jpg

IMG_20180812_195221.jpg

8/11 8/12 いよいよ第23回全国学生邦楽フェスティバル開催です

猛暑の中ですが、若者の熱気あふれる演奏を聞きに是非お運びくださいませ。

8/11 前夜祭 ゼスト御池河原町広場 無料

   リハーサル13時半~15時半
   本番 15時半~18時半
◆曲目
よごと雲(川崎絵都夫作曲)、涼流(水川寿也作曲)
岡康砧(作曲者不詳)、箏と三絃のための嬉遊曲(船川利夫作曲) 
菊日和(石垣征山作曲) 上昇の彼方(作曲 沢井比河流作曲)
乱(八橋検校作曲) "A reduced and extended life”
土声(沢井比河流作曲) めぐりめぐる(沢井忠夫作曲)
三弦二重奏「SKY」(山本普乃作曲)一富士二鷹(菊重精峰作曲) 
尺八二重奏曲第三番「對動」(山本邦山作曲) 

8/12  「若者による邦楽コンサート」 アルティ 無料
開会式 9時50分
天空の扉 (吉崎克彦)  箏三絃為喜遊曲 (船川利夫)
御山獅子(菊岡検校)  未来花(水野利彦)
HORIZON (池上眞吾)  青葉の腑 (川崎絵都夫)
比良(宮城道雄)  熊野讃景(大嶽和久)
箏糸制作について 丸三はしもと様
對動( 山本邦山) 炎 (水野利彦)  夢幻98 (菊重精峰)
~昼食休憩~
Ⅰ時
雪月花によせて(吉崎克彦) みだれ(八橋検校)
秋の鎌倉湖畔 (池上眞吾)  風雅(山本邦山)
炎 (水野利彦)  粋 (石垣征山)  大河の響き(水川俊也)
夏の舞 ()ーティンリーガン) 音・きらら(沢井忠夫)
梢( 松本雅夫) 花げ変奏曲(野村正峰)  無限流(水川俊也)
寄贈式(時間未定)  梶田真章貫主様
玉椿・袖の雨(峰崎・菊平)  箏と三絃による喜遊曲( 船川利夫)
アップトゥデイト(菊重精峰)  彩画(山本邦山)
夢の輪(沢井比河流)  新松づくし 楽歌生(菊重精峰)
閉会式 賞発表  16時45分終了

12日にはアルティのロビーでは賑やかに様々な催しがご厚意により開催されています
・大萩氏による「尺八無料クリニック」
・大阪の老舗・梅屋の親方・小川氏による「三味線無料クリニック」
・丸三はしもとの橋本氏による「邦楽器糸制作過程の写真展示」と絹糸 とテトロン糸の音色の弾き比べ
・虚無僧研究会会長の小菅氏による虚無僧研究会の本の展示と説明

無料クリニックは一応参加者の楽器のみでお願いします。

23縮小2




第23回学フェスのポスター

参加の女子美の学生が素敵なポスターを作ってくださいました。

image1.jpeg

学フェス 今年の参加者の(OBOG含む)大学名

参加者の大学名(OB・OG含む)37校  183名

岩手大学、東北大学、宇都宮大学、お茶の水女子大学、一橋大学
慶応義塾大学、国際基督教大学、東京大学、東京農業大学
専修大学、創価大学、早稲田大学、中央大学、津田塾大学
日本女子大学、法政大学、國學院大學、女子美術大学
岐阜大学医学部、名古屋市立大学、三重大学、花園大学
京都大学、同志社女子大学、同志社大学、立命館大学
龍谷大学、佛教大学、奈良女子大学、関西学院大学
近畿大学、大阪大学、甲南女子大学、岡山大学
島根大学、熊本大学
大阪緑涼高等学校
プロフィール

えん花守

Author:えん花守
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR